クラシック音楽そぞろ歩き

初心者の 初心者による 初心者のためのクラシック音楽体験記録

私をクラシックの世界に引き込んだ10曲(後編)

1年ほど前、初心者ほやほや時代にハマった曲の紹介。今日は後編です。前編はこちら

 

⑥ チャイコフスキー白鳥の湖

日本人にとって親しみやすいと言われるチャイコフスキー交響曲や協奏曲も素晴らしいのですが、中でも「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」の3大バレエは、名曲の宝庫です。バレエは観たことがありませんが、組曲で聴いても楽しめます。

 

最初に聴くようになったのが白鳥の湖でした。映像はワルツです。

 

 

 

⑦ ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番

内田光子ヤンソンスバイエルン放送交響楽団の演奏をYouTubeで観て、完全にこの曲にハマってしまいました。美しくて、前向きになれる、もしかしたら一般的なベートーヴェンのイメージからは遠い曲かもしれません。この曲を知って以降、あらゆるピアノ協奏曲のCDを買い漁ることになってしまうのです。(汗)

 

演奏は3分20秒くらいから始まります。

 


 

⑧ ブラームス交響曲第1番

交響曲をしっかり聴いてみたいと思い、購入したCDがこちら。コンセルトヘボウ時代のハイティンク交響曲が集められています。

 

 

さあ、何から聴いてやろうか。選んだのがブラームスの1番でした。のだめカンタービレで千秋君が指揮をしていたという記憶があったからです。

 

重厚な曲ですので、親しむまでにはやや時間がかかりましたが、第1,4楽章の迫力、第2楽章の美しさに少しずつハマっていきました。今では全ての楽章が大好きです。ブラームス交響曲はこの後2番、4番も大好きになり、最近は3番の良さもわかってきました。ブラームスにすっかりのめり込み、室内楽やピアノ独奏曲にも少しずつ手を広げ始めています。

 

 

⑨ フランク:ヴァイオリン・ソナタ

 室内楽にも手を伸ばしてみたくなった時に、レビューを見ながら気まぐれでポチッたのが、フランクのヴァイオリンソナタでした。ヴァイオリンはデュメイ、ピアノはピリス。

 

 

言葉にできない衝撃でした。一発目からのインパクトという点で、このディスクを超える出会いは今のところ他にありません。音楽にはスルメのように噛めば噛むほど味わいが深くなるという側面がある一方で、予備知識なしに突如として感動を与えてくれる場合もあるのだということを再認識させてくれた曲です。

 

 

 J.ヘルメスベルガー2世:悪魔の踊り

 2002年、日本人指揮者として初めて、小澤征爾ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを振りました。当時かなり話題になったので、TVでボーッと見ていた記憶がかすかにあります。この曲は、その時に取り上げられたかなりマイナーな曲。作曲者のヘルメスベルガー2世は、元ウィーンフィルコンサートマスターであり、常任指揮者も務めたそうです。当時はまだ常任が居たんですね。

 

私がこの曲を好きになったのは、2年ぐらい前に映像を見直してからです。カッコイイ曲です。ウィンナワルツやポルカばかりを演奏するイメージのあるニューイヤーコンサートにおいて、異彩を放っていたのではないでしょうか。

 

 

 

素晴らしい演奏・楽曲との出会い

当然のことですが、人によって、クラシック音楽への入り方は異なります。私は、一般的に比較的親しみやすいとされる曲から入ったのではないかと思いますが、中にはマーラーから聴き始めたというツワモノ(?)もいます。あれこれ探しながら、お気に入りの一曲を、お気に入りの演奏をみつける過程こそ楽しいのでしょう。

 

たくさんの名曲、名演奏との出会いを引き続き愉しみたいと思います。

さて、今日は何を聴こうかなあ。